【活動報告】若者が社会を変えていくためのカンファレンス「IMPACT Japan2017」に代表下里が登壇しました。

代表理事の下里です。2017年12月28日(木)青少年オリンピックセンターにて開催された、若者が社会を変えていくためのカンファレンス「IMPACT Japan2017」に登壇させていただきました。

Wake Up Japan主催の「IMPACT Japan」は、「社会問題をジブンゴトとするために」をテーマに、日本でも若者が動いて、社会が少しずつ変わっていく、そんな環境をつくっていきたいとという思いから発足し、当日は50名以上の社会問題に関心のある若者や社会人が多く集まりました。

「国際協力の分野で0→1を立ち上げる10のコツ」というテーマで、まずは社会問題解決に興味のある学生さんが多いということで、興味のある社会問題に対して個人ベースでどんな「夢・目標」を抱いているのかをシェアしてもらい、その後理念やビジョン設定を深掘りし仮想団体を立ち上げるというワークショップを行いました。

社会問題に対して、ミッションを解決するべく5w1hを効能ある順番で当てはめてもらい、もやっとした「夢」ではなく、存在理念を考察してもらい、最後は行動基準(社会問題が解決されたのちにあるべき社会)について落とし込む、というワークショップだったのですが、ワークショップを覗いてみると、平和を心から望む学生さんが本当に多くてほっこりしました。

今、行動したくてざっくりした夢を持っている学生の皆さん、それだけだとすごくもったいないって思っています。当日は、具体的な理念や目的を、「発信」することで、それが本当に夢への実現に繋がると実感して欲しいという思いがあり、何度もグループの中でシェアする時間をとりました。夢を叶えるために発信を続ければ自ずとチャンスは巡ってくるはずです。

代表の鈴木洋一さん、このような貴重な機会をいただき、誠にありがとうございました。

NPO法人アラジ代表理事

下里夢美

260 total views, 0 views today