(2018年8月1日)2018年7月よりシエラレオネで新大統領が「ナショナル・クリーニング・デイ」を開始。

2018年7月よりシエラレオネで新大統領が「ナショナル・クリーニング・デイ」を開始。

シエラレオネの新大統領ジュリアス・マーダ・ビオ氏(Julius Maada Bio)が新政策として首都:フリータウンで開始したナショナル・クリーニング・デイ。

国民が一斉に大掃除するお掃除Dayは、今のところは毎月第1土曜日の朝7時~12時までのみ開催されるようです。

私たちアラジスタッフも、現地渡航中に2度目のナショナル・クリーニング・デイを垣間見ることができました。朝から交通規制が行われ、車の走行は禁止されていました。

ここぞとばかりに一斉に家の中のゴミをかき集めてくる住民たち

国営放送の取材に答える女性

ただ、1週間後には、残念なことに水路や路肩のゴミは元通りに戻っていました。深刻なゴミ問題が課題のシエラレオネにとって、1か月に一度のクリーニングデイでは問題の根本解決は難しそう…というのが私たちのスタッフの印象です。今後の動向に期待したいですね。

執筆:下里夢美