(2018年10月25日)新大統領ビオ氏、中国の融資による空港建設中止(約357億円規模)

(2018年10月25日)新大統領ビオ氏、中国の融資による空港建設中止(約357億円規模)

握手を交わすシエラレオネのビオ大統領(左)と中国の習近平国家主席/ANDY WONG/AFP/Getty Images

握手を交わすシエラレオネのビオ大統領(左)と中国の習近平国家主席/ANDY WONG/AFP/Getty Images

シエラレオネの新大統領SLPPのマーバ・ビオ氏が、中国による首都近郊のママラ(Mamara)国際空港の建設を中止すると発表したと、香港(CNN)が2018年10月12日(金)に報じました。報道によると、3億1,800万ドル(約357億円)規模の巨大プロジェクトで、建設には中国企業が携わっており、建設計画はシエラレオネのコロマ前大統領が今年3月に委託し2022年に完成予定だったということです。

中国のアフリカ全土における度重なるひも付き融資(投資トラップ)や、石油・鉱物などの資源搾取が問題となっている昨今、政府がすでに発表済みの計画の中止に踏み切ったのは初めてということで、シエラレオネがアフリカ全土において、先進的な動きを見せた一連の動きでした。

アラジ代表下里も、毎年空港建設予定地付近の小学校(ROGBORO COMINITY PRIMARY SCHOOL(ンボロ小学校))に毎年足を運んでいたことから、かなり身近なニュースにとても驚いています。日本のアフリカ関連ニュースとしても大きく話題になった一幕でした。

新政権には期待できそうですね。

執筆:下里夢美