災害孤児支援活動レポート#5 孤児たちから支援者のみなさまへ

2018年7月~9月の活動報告です。
孤児支援をサポートしていただいている支援者のみなさまへ孤児たちがメッセージをかいてくれました!

前回の活動報告 災害孤児支援活動レポート#4 支倉はじめての訪問と契約更新

災害孤児支援活動レポート#5 孤児たちから支援者のみなさまへ

この活動は、みなさまからのご支援があって成り立っています。
今回、とても嬉しいメッセージがとどきました!

この孤児支援活動では、毎月、現地パートナーが家庭訪問をして支援金を手渡していて、いつも現地から写真を送ってもらっているのですが・・・なんと今回は、支援している10名の孤児たちが支援いただいたみなさまの名前入りのメッセージボードを書いてくれました!

これは嬉しい!
皆、元気そうな笑顔を見せてくれました!

孤児の中で、まだ文字の書けない子はこのような感じでアシストしながら書いてくれました。

シエラレオネの子供たちの名前事情!?

今回、このメッセージを書いてもらって、彼らの名前についていろいろと発覚しました。孤児の名前は里親と契約している書面にもいつも書いているのですが・・・

  • マルティダではなくてマティルダが正しい名前だった
  • 以前「ニックネーム」だと聞いていた名前が本名だと本人も家族も言っている

などがいろいろ発覚して、現地スタッフも混乱気味です。

毎月通って信頼関係はできているので、名前が間違っていたからどう、ということもないのですが、謎ですね。
そういえば大人たちも、本名と違うニックネームを使っていることが多い気がします。

教育費無償化の影響

最貧国シエラレオネ、9月から教育無償化へ 大統領の公約(AFP通信)

先日、こんなニュースが日本語にも訳されて流れてきました。
実際に9月の新学期から公立学校について無償化は開始されたようですが・・・

私たちが支援している子どもたちは、通える範囲に公立学校がなく、私立学校に通っているので基本関係ないようなのですが、孤児の1人は「政府から3冊のノートとバッグが支給された」と言っていました。

そもそも、無償配布だった教科書が生徒にわたる前に売られそれを生徒がストリートで買うとか、教材を買わないとテストを受けさせてもらえないとか、政権交代前から、いろいろ腐敗している状況はあったようですが、少しは改善したのか、今度また現地でヒアリングしてみたいと思います。

ご支援のお願い

あなたも里親サポーターになりませんか?

月5,000円を継続的に
ご支援していただける方を
募集しております。

里親サポーターについて

子どもたちの成長を
月に一度の写真で見守ることができます
  • 月5,000 円のご支援で1名の孤児の里親となっていただきます。
  • 支援対象の孤児が決定後、月に一度スタッフより孤児のお写真をお送りいたします。
  • 半年に一度、孤児からお手紙がご自宅へ届きます。
  • 月に一度、NPO法人アラジのメールマガジンをお届けします。
  • 年に1度、シエラレオネのお土産をプレゼントさせていただきます。

▶お申込み方法

  1. 災害孤児支援申し込みフォームにて必要事項をご記入ください。
  2. その後、登録のご案内メッセージをメールにてお送りいたします。
  3. マンスリーサポーター決済画面にて、5,000円の枠を選択し、クレジットカードにて月額決済のご登録をお願いいたします。
ご支援申し込みフォームはこちら

▶支援金の内訳について

月額:5,000円

3,000円ー孤児への教育支援金として役立てられます
2,000円ー送金手数料、現地活動費(電話代・ガソリン代)現地スタッフへの手当等の運営費に役立てられます。

 

継続的にご支援していただける方を募集しております。どうぞよろしくお願いいたします。

(文責)支倉常明

シエラレオネ災害復興支援チーム

代表理事長:下里 夢美
  理 事:鈴木香緒理
  理 事:支倉 常明

135 total views, 0 views today