(2019年6月19日)シエラレオネ政府-ルンギ国際空港と首都フリータウンを繋ぐ2,100億円規模の「橋」の建設計画を発表。

シエラレオネ政府-ルンギ国際空港と首都フリータウンを繋ぐ2,100億円規模の「橋」の建設計画を発表。

画像引用:Sierra Leone Telegraph

2019年6月19日のSierra Leone Telegraphの記事によると、シエラレオネ政府は、ルンギ国際空港と首都フリータウンを結ぶ、2,100億円($1.8 billion)規模の「橋」の建設に着手する意向を示し、大統領のビオ氏は、8kmの長さに及ぶ橋の建設への入札プロセスを公表しました。

すでに、いくつかの中国やヨーロッパが入札に名乗りをあげており、建設には4~6年を要するとのことです。完成後は利用者への通行料の徴収を、今後約30年あまりの返済期間に充てる計画です。

シエラレオネの首都フリータウンはルンギ国際空港より海で隔てられており、首都までの航路は多くの経済的損失や、通行リスクをはらんでいます。

政府は、橋の建設プロジェクトの過程で、5,000人以上の雇用を生み出し、橋の開通によって、建設費以上の経済利益が見込まれることを期待、観光業、その他に間接的に従事する業種においても、もさらに発達するだとうと述べています。

本計画の栄誉教授Dr. John Edward Tambi氏は、独立後58年、誰もがルンギとフリータウンの円滑な移動を望んできたが、誰も実行に移すものはいなかったと、新大統領への期待を述べています。

この巨大は投資案件に対して、政治的意向や、財政面に加え、実現可能性・持続可能性などの課題を挙げ、将来の世代が莫大な負債を負うことが懸念されていると記事では紹介されています。

元記事:president Bio launches bidding process for construction of Lungi bridge.jpg5

投稿:下里夢美