(2020年7月29日)シエラレオネ大統領が国内のレイプ撲滅に向けて両親とコミュニティに支援を奨励-Sierra Express Mediaが報道

シエラレオネ大統領が国内のレイプ撲滅に向けて両親とコミュニティに支援を奨励-Sierra Express Mediaが報道

画像引用:https://sierraexpressmedia.com/?p=93493

 

7月14日、Julius Maada Bio大統領は、シエラレオネにおけるレイプや早婚など、少女と女性に対する全ての暴力行為の撲滅に取り組むため、政府の対策に親やコミュニティに協力が必要だと訴えました。

2019年2月には、レイプと性的暴力に関する国家非常事態宣言が大統領によって発令されており、Bio大統領は「レイプは子どもたちの未来に関わるため、許されてはならない行為である。不処罰を防ぐためには、親とコミュニティの様々なアプローチと協働が必要」と述べました。

大統領夫人であるFatima Maada Bio氏も少女や女性に対する性的暴力の啓発活動を行う“Hands Off Our Girls (HOOG)”に携わっており、設立時から数々の成果を達成してきた半面、残された課題に取り組むには全ての人々の協力が不可欠であると述べました。

また、大統領が、性被害者を救うその活動を称賛したRainbow Initiativeの代表Daniel Kettor氏は、レイプ生存者に対してコミュニティからの十分な支援がなく、そうした状況がレイプ削減に向けた動きを妨げていると指摘し、One-Stop Centersに医療スタッフを配置し、より安全な家庭をシエラレオネ全土に築き上げることが性被害の削減に繋がると主張しました。

 

引用記事:Sierra Leone’s President Julius Maada Bio Encourages Support From Parents And Communities To End Rape In Sierra Leone

 

翻訳:花田優子