(2020年10月24日)3分でわかるシエラレオネ紹介シリーズ「農業編」Vol.1

3分でわかるシエラレオネ紹介シリーズ「農業編」Vol.1

日ごろより、NPO法人アラジを支えてくださっている皆様、ありがとうございます。私たちNPO法人アラジは、シエラレオネ共和国の首都フリータウンや農村部において、困難な立場に置かれている子どもや大人たちへ、様々な支援事業を日々実施しています。

支援を届けている人々は、ただ【支援が必要な、気の毒な人々】というわけではありません。私たちも日々彼らから、アフリカの壮大な文化や、生きる上で大切なこと、日本にはなかなか入ってこない貴重な情報を、学ばせていただいています。

今月から、支援者の皆様に、3分でわかるシエラレオネ紹介シリーズ「農業編」Vol.1をお届けします。少しでもシエラレオネを身近に、魅力的に感じていただけましたら幸いです!

シエラレオネの主食はお米!

こちらの料理はシエラレオネで大人気のローカルフード「キャッサバリーフ」!

キャッサバというお芋の葉っぱを、ドロドロに煮詰めてつくったシチューです!キャッサバのお芋は、日本でもおなじみのタピオカの原料としても有名!

じゃがいもの葉っぱから作られたシチューは、「ポテトリーフ」と呼ばれていてます。旅行者の多くは、最初はキャッサバの葉っぱのシチューなのか、じゃがいもの葉っぱのシチューなのかわからないかもしれません。

市場にはいろいろなスパイスが売られているのですが、中でもオレンジの箱に積まれている「マギーキューブ」は大人気で、とうがらしとマギーで味付けされたシエラレオネのシチューは、辛くてとってもおいしいです!

シエラレオネの主食は、私たちと同じお米。なんと、自国で生産するよりも安価な米が手に入るということから、約4割のコメを輸入しています。

こちらのニュース(Chief minister Francis set to make millions of dollars from farming)では、ケネマ県のDavid John Francisという大臣が、市場の平均価格より僅かに安く、高品質で栄養価の高い”ECO Rice”という名の独自のブランド米を作り上げたことが、取り上げられています。

現在シエラレオネでは、コロナ感染症によるロックダウンや高騰する輸入米の影響で、7割の人々が食料危機に陥っています。ビオ大統領も公約に掲げている通り、このECO Riceが食料自給率上昇に、貢献することを期待したいですね!

3分でわかるシエラレオネ紹介シリーズ♪編集
下里夢美
花田優子