(2021年3月27日)3分でわかるシエラレオネ紹介シリーズ「交通事情編」Vol.4

3分でわかるシエラレオネ紹介シリーズvol.4シエラレオネの「交通ルール」

NPO法人アラジを日ごろ支えてくださっている皆様、誠にありがとうございます。私たちNPO法人アラジは、シエラレオネ共和国において、困難な立場に置かれている子どもや大人たちへ、様々な支援事業を日々実施しています。

サポートを届ける人々は、ただ【支援が必要な、気の毒な人々】というわけではありません。私たちも日々彼らから、アフリカの壮大な文化や、生きる上で大切なこと、日本にはなかなか入ってこない貴重な情報を、学ばせていただいています。

今月も3分でわかるシエラレオネ紹介をお届けします。少しでもシエラレオネを身近に、魅力的に感じていただけましたら幸いです!

シエラレオネの交通ルール

シエラレオネの都市部では、車を運転する人も多くいます。こちらの記事によるとによると、2020年の交通事故件数の合計は2,763件で、死亡者数は867件。2019年の交通事故件数の合計は2,150件で、死亡者数は519件で、死亡者数が大きく増加しているようです。

シエラレオネの道路交通ルールについて、皆さんに少し紹介します

  • 右側走行厳守
  • 普通車は18歳から、公共車やトラックの運転は21歳から、バイクは16歳から運転可能。ドラッグや飲酒運転はもちろん違法で、0.08%以上のアルコールが検出された場合は違反運転となる。
  • 5歳以下の子どもは、助手席に乗ってはいけない
  • 都市部での制限速度は時速70km/h
  • バイクの運転手は必ずヘルメットを装着しなければならない
  • バイクは2人以上は乗車できず、自動車についても定められた乗車人数を越えて運転してはならない。
  • 緊急時の連絡先:999
  • 自動車免許試験は半年に1度行われ、公用車の免許試験は1年に一度行われる
  • 免許の更新は5年ごと

参考HP

バイクドライバーのヘルメットの着用や、定められた人数を越えた乗車をしてはならないなど、若干私たちがみてきたアフリカの風景とは違うような気もしますが・・・当たり前ながらきちんと交通ルールとして明記されておりました。

これらに加え、このような罰金や罰則もあるようです。

  • 運転免許証を保持していないドライバーが車を運転した場合、最大250,000レオン(約3,000円)の罰金と最長12か月の禁固刑のいずれかが、あるいはその両方がドライバーに科される。
  • アルコールや薬物の影響下での運転が確認されたドライバーが、死亡事故を起こした場合、1,000,000 – 2,000,000レオン(約1,2万円)の罰金と3年 – 5年の禁固刑のいずれかが、あるいはその両方がドライバーに科される。

参考資料

日本では、飲酒運転などでドライバーが死亡事故を起こした場合(危険運転致死傷罪)、遺族への慰謝料は数千万円となりますが、罰金はなく、1年以上の有期懲役が科せられます。シエラレオネで、飲酒運転にける死亡事故の罰金が、1.2万円というと、少し軽いような気がしますが、シエラレオネの都市部の2・3か月分の給与に相当します。

交通ルールや、罰則について調べてみると、日本とシエラレオネでこんなにも違うのかと、驚かされますね!

また、来月も、シエラレオネ3分紹介シリーズをお届けしていきます!

3分でわかるシエラレオネ紹介♪編集
下里夢美
花田優子
中間宏