ソーシャルドリームコンテスト

第4回ソーシャルドリームコンテスト開催のお知らせ

10月6日(土)NPO法人アラジ主催

第4回目ソーシャルドリームコンテスト

を開催いたします。

お時間のある方はぜひお越しください。

コンテストのチケットを購入する

ソーシャルドリームコンテストとは?

NPO法人アラジ主催のソーシャルドリームコンテストは、「社会を変える」をテーマに活躍する4名の若手社会起業家が登壇するコンテスト。参加者全員が審査員となる参加型イベントで審査員は3枚のハートを、応援したいと思う出場者に投票できます。優勝者にはクリスタルの盾と、その後の夢を後押しする著書を贈呈。誰もが誰かの夢を応援しあえる社会の実現を目指して、夢追うすべての人と人とを結び付ける、次世代のコミュニティ型コンテストです!

日時

2018年10月6日(土) 開場:12:30 終了:16:20
会場内懇親会-16:30~17:30

開催場所

Creator’s District 神保町4F
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-6-8伸幸ビル4階

神保町駅 A5出口から徒歩4分
小川町駅 B5出口から徒歩4分
新御茶ノ水駅 B5出口から徒歩4分
御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口から徒歩6分

会場までの行き方

1.神保町駅A5出口を出て左に進みます
2.三井住友銀行を左手に見ながら、石井スポーツの方へ斜め右に進みます
3.駿河台下交差点を渡ります。
4.THE SUPER SPORTSを通りすぎ伸幸ビルエントランスの左手の通行口からお入りください。

審査ルール

審査員(一般参加者)は3枚、特別審査員は5枚のハートの投票用紙を受付にてお渡しいたします。
最も応援したいと思う登壇者の名前を3人まで記入し、投票箱に投票してください。(応援したい!と思う登壇者が1名の場合は3枚の紙に同じ名前を書いてもOKです。)ハートの投票数の多かった出場者が優勝となります。
※最初の登壇者の発表が始まってから遅れて参加される方には、投票権はございません。

参加費

・学生-1,300円(イベント参加のみ)
・一般-1,800円(イベント参加のみ)
・学生-3,300円(イベント+懇親会)
・一般-3,800円(イベント+懇親会)
・紹介割(500円OFF)
※紹介割のお客様は非公開リンクよりお申込みください。

コンテストのチケットを購入する

 

コンテスト・タイムスケジュール

12:30~ 開場
13:00~ 開会のご挨拶
オープニングパフォーマンス
特別審査員様のご紹介
メンターの皆様によるオープニングトーク
13:20~13:35 登壇者1
13:35~13:50 登壇者2
13:50~14:00 休憩(10分間)
14:00~14:20 登壇者3
14:20~14:40 登壇者4
14:40~14:55 投票・休憩(15分間)
14:55~15:25 特別講演(約30分間)
ブース紹介
15:25~16:00 投票・休憩(約35分間)
16:00~16:10 優勝者発表・賞状授与式
16:10~16:15 閉会のご挨拶
16:15〜16:20 写真撮影
16:30~17:30 会場にて懇親会
(懇親会参加費は別途2,000円かかります)

出場者情報

 

≪エントリーNO.1≫
「21歳のフリースクール代表」


中村玲菜さん

1997年生まれ。21歳。16歳のときに相談団体「ココトモ」でボランティア活動をはじめ、18歳のときにはココトモの活動の1つとして、不登校などで悩む10代のためのコミュニティサイト「ティーンズプレイス」を設立。約5年間、悩みを抱える人たちの居場所づくりを行う。現在はコミュニティスペース「ココトモハウス」の管理運営をしながら、元不登校生たちが運営するフリースクール「Riz」の代表を務める。

≪エントリーNO.2≫
「将来を担う若き高校生の夢づくり支援」


秋田大樹さん

1997年生まれ。20歳。法政大学3年生。これからを生きる若者(高校生)に推薦入試を通じて行う、オンライン推薦入試塾「夢ゼミ」塾長。夢ゼミは完全オンラインで、推薦入試塾対策を通して、高校生たちの夢を共に創ることをコンセプトにした塾。コンテストでは、夢ゼミをやっている理由、僕自身の人生で成し遂げたい「夢」、そして「夢」についての僕なりの考えをお話しします。

≪エントリーNO.3≫
「エゴに向き合いエコに勝つ。」


宇都宮胡桃さん

1997年生まれ。20歳。慶應義塾大学3年/webメディアディレクター/個人事業主。ogawaorganicfes運営。小学2年生で環境問題の啓発に目覚め、高校生から本格的に活動を開始。世界一周、再生エネルギー、農業や国内外の森づくりを経て「ファッションの構造革命」に挑む

≪エントリーNO.4≫
「ザンビア風お好み焼きを焼く医学生」


宮地貴士さん

1997年生まれ。21歳。秋田大学医学部医学科4年次。中学生の頃に国境なき医師団の活動を見て、国際的な活動に関心を抱く。その後、病の“背景“を治療するというNPO法人ロシナンテスの川原尚之先生の言葉に出会い、医師になることを決意した。また、大学1年次より国際医学生連盟日本のAfrica Village Projectに所属。2017年4月、プロジェクトメンバーとともに、ザンビア共和国の無医村に診療所を建設する取り組み「ザンビア・ブリッジ企画」をスタートさせた。

 

特別審査員の皆様

河内山 信一 様

株式会社シン・ファンドレイジングパートナーズ
代表取締役
1973年生まれ。東京都出身。電通を退社後、15年間の広告代理店スキルを活かし、2012年に非営利団体のファンドレイジング(資金調達)を基本とした伴走支援を行う株式会社シン・ファンドレイジングパートナーズを設立。2017年、支援団体が第8回日本ファンドレイジング大賞を受賞(NPO法人チャリティーサンタ)。尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。

 

門田瑠衣子 様

特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事
大学院在学中のケニア共和国でのボランティア活動をきっかけに、エイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わる。同団体は、ケニア共和国、ウガンダ共和国にて、エイズ孤児を抱えるシングルマザーの生計向上支援や母子へのキャリアカウンセリング事業等を行っている。自身も3児の母であり「仕事も育児も、自分時間もあきらめない!」をモットーに奮闘中。

鳥巣愛佳 様


20代ビジネスパーソンのリアル「ASSIST」編集長。
早稲田大学商学部卒業後、新卒フリーランスで4~90歳の運動指導を行い、女性のためのヘルシービューティをプロデュース。2014年インターナショナルエアロビックチャンピオンシップ日本代表。2015年学生エアロビック選手権優勝。

 

登壇者メンターの皆様

🍀稲葉哲治 様
(SOIF共同代表/EDAYA プロボノ)

🍀岡田英雄 様
(SOIF共同代表/高校教師/コミュニケーション哲学の会 主催)

🍀村松絵美 様
(SOIF共同代表/andu amet プロボノ/元HASUNA本店店長)

🍀柚木理雄 様
(前SOIF共同代表/NPO法人芸術家の村 代表/株式会社LittleJapan 代表)

🍀伊達文香 様
(SOIFチーム/株式会社itobanashi 代表)

スペシャルサンクス

 

オープニングパフォーマンス

田中昂佑 様

23歳。世界中の孤児院に夢を届けるエンターテイナー。
これまで68カ国で公演し、20カ国以上の学校や孤児院でワークショップを行う。GACKT氏や蛯名健一氏などの著名人と対談・共演を果たすなど、活動の幅を広げている。現在はアジアの孤児院からワークショップの依頼があり、世界を拠点に活動している。

エンディングロール曲提供

MIMOGY-ミモギィ 様

働くオトナの心に寄り添うシンガーソングライターMIMOGY-ミモギィ-。札幌出身、東京在住。大学卒業後に就職と共に上京、度重なる激務とストレスで心の病になったのをきっかけに、2014年より活動開始。全ての楽曲は実話から制作。頑張りすぎな現代人に休息を、そして新たな一歩を踏み出す勇気を届けるべく活動中!

 

ソーシャルドリコン2018実行委員会

 

下里夢美

(実行委員長)

新荘直明

(全体統括)

横須賀裕子

(司会)

嶋博史

(音響制作)

 

冨岡健一

(動画制作)

上田美亜

(ブース担当)

支倉常明

(特別審査員担当)

 

濱沖肯志郎

(カメラマン)

 

 

 

988 total views, 0 views today