Posts Tagged "シエラレオネ"

(2022年3月15日)3/22(火)20時~21時 活動報告会開催のお知らせ

2022年3月15日

3/22(火)20時~21時 活動報告会開催のお知らせ

私たちNPO法人アラジは、創設から7年、延べ1,136名の西アフリカ・シエラレオネの最貧困家庭の人々へ教育と就労の機会を提供してまいりました。皆さまに、西アフリカ・シエラレオネとはどんな国なのか、NPO法人アラジはどんな活動を行っているのか、ご説明させていただき、皆さまと一緒に日本にいる私たちができることについて考える時間にできたらと考えております。

無料開催ですので、この機会にお時間ある方はぜひご参加ください。

もちろん初めての方も大歓迎です!どなた様もお気軽にご参加ください。

こんな方にオススメ

✓自分の支援がどのような事業に使われているか知りたい!
✓国際協力やNGOの活動に興味がある!
✓シエラレオネの現状について学びたい!
✓ボランティア参加を考えている!

日時

2022年3月22日(火)20:00-21:00
※オンライン(zoom)で開催します。
※団体の活動報告の間のみ録画させていただきます。参加者の声や顔が映らないように配慮して活用させていただくことがあるので、事前にご了承ください
※動画の撮影やイベント後の動画配信はいたしません。是非リアルタイムでご参加ください!

参加方法

チケットをご予約(無料)していただいた方にメッセージでZoomオンラインミーティングのURLをお送りいたします。

イベントスケジュール

19:55-    入室可能
20:00-20:05 報告会のスケジュールや参加の際のご注意の共有
20:05-20:45 最新活動報告会(代表理事:下里夢美)
20:45-20:55 質疑応答タイム
20:55-21:00 アナウンス

主催

NPO法人アラジ
公式HP
公式Twitter
公式Facebook
公式Instagram

お申し込みはこちら

(投稿)吉浦 諒子

(2022年3月14日)3分でわかるシエラレオネ紹介シリーズ「障がい者支援編」Vol.12

2022年3月14日

NPO法人アラジを日ごろ支えてくださっている皆様、誠にありがとうございます。私たちNPO法人アラジは、シエラレオネ共和国において、困難な立場に置かれている子どもや大人たちへ、様々な支援事業を日々実施しています。

今月も、支援者の皆様に、3分でわかるシエラレオネ紹介をお届けします。

1.シエラレオネでは約1割の人々が障がいを抱えています

シエラレオネでは、1.3%の人々が障がいを抱え、その67%は農村部で生活する人々です。

そのうち、身体的障がい者は55%、視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚障がい者は33%、知的障がい者は8%、精神障がい者は4%です。

シエラレオネに障がいをもつ人々が多いのは、2002年に終結した内戦と深く関係しています。内戦中、RUF(革命統一戦線)による市民への暴力(四肢や耳などの切断)が横行し、約27,000人もの人々が身体的障がいを被ったと推定されています。

参考記事

2.障がい者に関する法令制定の背景

1991年に制定された『シエラレオネ憲法』の第27条では、初めて障がい者差別に関する保護について述べられました。

また、2006年に国連で採択された『障がい者権利条約』を2010年に批准し、2011年には『the Persons with Disability Act 』を制定しました。

この条約は、障がい者の人権及び基本的自由の権利を生まれながらにしてもつことを確保し、障がい者固有の尊厳の尊重を促進することを目的としています。

現在では、障がいのある人々が慈善事業や医療、社会的保護の対象としてではなく、自分たちの生活のために決定権を持つ対象として見るアプローチへと変化しています。

参考記事1)(参考記事2

3.障がいをもつ子どもへの教育支援

シエラレオネ全国の教育現場には、約48,000人の障がい児がおり(2019, Annual school sences)その内67%の障がい児が勉学の機会を完全に失っており、特に女児では2倍以上になります。

そのような状況の中、シエラレオネの教育現場では以下のような、障がい児支援の枠組みが掲げられています。

〈学校環境の整備〉

  • 学校施設のバリアフリー化や多目的トイレの設置
  • 手話や点字の導入
  • 障がいをもつ子どもへの教育訓練を受けた教師や障がい者教員の設置、及び増加

〈個人へのサポート〉

  • 個別学習計画の作成
  • 点字・手話の促進
  • 障害や能力の測定の定例化
  • 保護者ボランティアやクラスアシスタントの教育及び支援の実施

障がいをもつ子どもへの教育支援としては、以上のような枠組みが掲げられ、それらを実施して効果を測定することで包括的な教育向上を目指しています。

参考記事

いかがでしたでしょうか?

また、来月も、シエラレオネ3分紹介シリーズをお届けしていきます!

3分でわかるシエラレオネ紹介♪編集

下里夢美

花田優子

秋山みずき

髙橋美亜

栗田紗希

浦杏寿

(投稿)インターン 浦杏寿

(2022年3月12日)山梨日日新聞『元気甲州人』に代表下里が掲載されました。

2022年3月11日

この度、NPO法人アラジ代表理事の下里夢美が、山梨日日新聞の「元気甲州人」に掲載されました。

下里がアラジの活動をはじめるにいたった経緯や、現在の活動、今後の展望について紹介されています。

新聞をご覧いただいた皆さまへ

新聞をご覧いただきありがとうございます。はじめまして、下里夢美です。

シエラレオネを想い続けて13年

アラジは、 今年4月に設立6期目を迎えました。今年は約20,700人の子ども達に、4つの支援プログラムでアプローチしていきます。走りながら活動資金を集めていきます。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。NPO法人アラジでは、下記の4つの支援プログラムを拡大するために、ご支援を募っております。

皆さまの温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 クレジットカードでの単発のご支援の場合

現在、創設8周年記念の8,888円寄付を募集しております。

ご支援援はこちら

◆ アフリカ布雑貨商品購入で応援する場合

現在、シエラレオネや日本で制作したアフリカ布雑貨のほかに8周年記念のロゴグッズの販売もしております。

WEBショップはこちら

◆ 月500円からのマンスリーサポーター登録の場合

ご支援はこちら

2か月に一度のサポーター限定勉強会や、1年に一度のアフリカ布のリターン品をお送りいたします。

◆ 口座振り込みの場合

大変お手数ではありますが、下記口座へお振込みをお願いいたします。

ご寄付がすみましたら、任意で下記のメッセージをお願いいたします。

  1. お名前
  2. ご住所

を明記の上、「件名:アラジ支援」にて「info@alazi.org」までご連絡ください。

※領収証が必要な場合はお気軽にお申しつけください。尚、当法人は認定NPO法人ではないため、ご寄付の税額控除はございませんので、予めご了承ください。

いただいたご支援は下記の、子どもたちへの教育支援活動に、大切に役立たせていただきます。

小学校定額給付支援

(目標)1校361名→2校約600名へ

シエラレオネの全国の小学校では、4,592の教室で子ども達が初等教育を完了するための、教室・椅子・机・黒板・教材・給食・トイレ・手洗い場などが未整備です。子どもたちが安心して学ぶことのできる環境整備のため、毎月の定額給付とモニタリングで学校の初期設備や給食費、先生のお給料などを補助しています。(2020年,Annual school census)

奨学金給付支援

(目標)18名→30名へ拡大

コロナ禍により家計を支えるため、月100時間以上の児童労働に従事する、ひとり親世帯の子どもたちが増加傾向です。都市部の公立小学校と連携し、家庭の経済状況を毎月把握しながら、奨学金給付支援を行っています。

10代のシングルマザー復学支援

(目標)40名→70名へ拡大

ケネマ県では、手に入らない避妊具や性教育の知識不足、性暴力などにより、約17%の女の子が妊娠によって学校を退学し、その後の教育の機会や経済的自立の機会を失っています。
10代のシングルマザーが赤ちゃんを育てながら再び学校で学べるよう、毎月定額の奨学金支援を行なっています。

中高生男子への性教育プログラム ハズバンドスクール

(目標)新たに2万人へ提供

若年妊娠と性暴力の根本解決を目指し、男子中高生への性教育プログラム『ハズバンドスクール』を実施しています。女性の権利・生理や出産などの女性の健康、性加害を起こした場合や示談した場合の刑罰、女性が被害者となった場合の適切な連絡機関と、治療・アフターケア・刑事裁判のサイクル、性的同意の10パターンを学びます。

皆様の温かいご支援、こころよりお待ちしております。

団 体 概 要

  • 創設:2014年3月7日
  • 登記:2017年7月7日
  • 所在地:〒112-0014
  • 東京都文京区関口一丁目44-3信生堂ビル4F
  • 問い合わせ:info@alazi.org
  • 代表理事:下里夢美
  • 役員:理事(10名)監事(1名)
  • 従業員数:有給職員(7名)インターン(3名)
  • 登録ボランティア(約100名)
  • マンスリーサポーター(約300名)

(2022年3月10日)3/20(日)9時半~16時 リアル会場での物販ボランティアを募集しています!

2022年3月10日

3/20(日)9時半~16時 リアル会場での物販ボランティアを募集しています!

この度、株式会社ミライLABO様主催のイベント『HELLO! “ヘンテコ” FuTuRe’s TOWN 2022』に、アラジもブースを出店させていただくことになりました。アラジの出店ブースにて、販売のお手伝いをしてくださる方を募集しています!

《日時》

2022年3月20日(日)10:30~15:30

集合時刻は9:30となります。

解散時刻は16:00頃を予定しております。

《場所》

パナソニック クリエイティブミュージアムAkeruE(りんかい線「国際展示場駅」より徒歩2分、または新交通ゆりかもめ「有明駅」より徒歩3分)

〒135-0063 東京都江東区有明3丁目5-1 パナソニックセンター2・3階

当日の集合場所は、改めてご連絡いたします。

当日の交通費は、お申し込みされた方のご負担となります。あらかじめご了承ください。

《ボランティア内容》

物販ボランティア募集フォームを提出いただいた方のメールアドレスに、代表下里より追ってご連絡いたします。

お手伝いいただける方は、物販ボランティア募集フォームをご提出ください。

(投稿:西田和奏)

(2022年3月7日)NPO法人アラジは、ウクライナ・ロシア戦争に対する表明「世界にあなたの声を #voiceforpeace」に賛同いたします。

2022年3月7日

この度NPO法人アラジは、国際協力NGOセンター(JANIC)が中心となって立ち上げた、ウクライナ・ロシア戦争に対する表明「世界にあなたの声を #voiceforpeace」に賛同いたします。

「世界にあなたの声を」は、 ウクライナ・ロシア戦争を受け、同じ時代、同じ世界を共に生きる市民として、国家の枠組を超え市民の声をあげていくイニシアチブです。

「世界にあなたの声を #voiceforpeace」サイトはこちら

(2022年3月5日)創設8周年!寄付キャンペーンのお知らせ

2022年3月5日

アラジ創設8周年の感謝

NPO法人アラジはおかげさまで、2022年3月7日をもって創設8周年を迎えました。

8年前に任意団体としてはじまったアラジが今日まで延べ1,136名の教育・就労のサポートをすることができたのは、日頃からご支援・応援してくださる皆様のおかげです。心から感謝申し上げます。

今後もシエラレオネにおいて「最も困難な状況にいる子どもと家庭」へのサポートを続けるべく、アラジを支えてくださる皆様とともに活動を進めて参りたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

8周年寄付キャンペーン

アラジ8周年を記念して、寄付キャンペーンを実施しています。創設8周年にちなんで8,888円をご寄付いただけます。

いただいたご寄付は、シエラレオネでの教育支援活動拡充のため大切に使わせていただきます。

【クレジットカードの場合】

以下のリンクからキャンペーンにお申し込みいただけます。

クレジットカードでのご寄付はこちらから

アラジは創設9年目に入る今年も、誰もが夢に向かって努力できる社会を目指して活動を続けてまいりますので、温かいご支援の程よろしくお願いいたします。

(投稿)西田 和奏

(2022年3月5日)創設8周年!3月5日(土)~19日(土)2週間限定ロゴグッズ販売のお知らせ

2022年3月5日

アラジ創設8周年の感謝

NPO法人アラジはおかげさまで、2022年3月7日をもって創設8周年を迎えます。

8年前に任意団体としてはじまったアラジが今日まで延べ1,136名の教育・就労のサポートをすることができたのは、日頃からご支援・応援してくださる皆様のおかげです。心から感謝申し上げます。

今後もシエラレオネにおいて「最も困難な状況にいる子どもと家庭」へのサポートを続けるべく、アラジを支えてくださる皆様とともに活動を進めて参りたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

8周年記念グッズ発売中

創設8周年を記念して、2週間限定で3種類のオリジナルロゴグッズを販売しております。
販売予約期間は、3月19日(土)13:00までです。

グッズは以下の3種類です。

  • 名入れマグカップ
  • ジップパーカー(黒)
  • ジップパーカー(白)

どのグッズも、アラジオリジナルロゴの入った限定デザインとなっております。


収益は、シエラレオネでの教育支援活動に大切に役立たせていただきます。

2週間限定の予約販売となっております。是非こちらのアラジwebショップから。3月19日(金)13:00までにご購入ください。

限定商品のお買い求めはこちらから

アラジは創設9年目に入る今年も、誰もが夢に向かって努力できる社会を目指して活動を続けてまいりますので、温かいご支援の程よろしくお願いいたします。

(投稿)西田 和奏

(2022年3月5日)3/8(火)21時~22時 第1回「国際協力勉強会」を開催いたします。

2022年3月5日

3/8(火)21時~22時 第1回「国際協力勉強会」を開催いたします。

 

NPO法人アラジでは、3月よりサポーター限定の勉強会である「国際協力勉強会」を、2か月に1度のペースで開催いたします。

第1回目の開催は「世界女性デー」と合わせた38日(火)21時~22 に開催予定です。

今回は、シエラレオネの9割の成人女性が経験していると言われる「女性器切除=FGM、シエラレオネの最新傾向や世界の啓発活動について」課題として取り上げます。

第1回の勉強会では、まずFGMとは何か、FGMに対してシエラレオネや世界ではどのような活動が行われているのかを主にご説明させていただき、その後サポーター同士でFGMについて自由にディスカッションをする時間にできたらと考えております。

無料開催ですので、この機会にお時間のあるサポーターの方はぜひご参加ください。

こんな方にオススメ

✓ 国際協力やNGOの活動に興味がある!
✓FGMについて知見を深めたい!
✓FGMに関するシエラレオネの現状や世界の啓発活動について学びたい!
✓他のサポーターさんと交流したい!

日時

2022年3月8日(火) 21:00-22:00
※オンライン(zoom)で開催します。
※団体によるスライド発表の間のみ録画させていただきます。参加者の声や顔が映らないように配慮して活用させていただくことがあるので、事前にご了承ください。
※ 今後「勉強会の全動画を閲覧できる、非公開プラットフォーム」もオープンする予定です。

参加方法

フォームをご提出し、ご予約(無料)していただいた方のメールアドレスに、当日のZoomリンクを送信いたします。

イベントスケジュール

20:55-    入室可能

21:00-21:30 スライド発表(代表理事:下里夢美)

21:30-21:40 質疑応答

21:40-22:00 サポーター同士のフリーディスカッション

お申し込みはこちら

※当会のサポーター限定参加企画です。月500円からのマンスリーサポーター登録はこちら。

(投稿)西田 和奏

(2022年3月3日)寄付月間2021「賛同パートナー賞」を受賞しました!

2022年3月3日

この度NPO法人アラジは、その年の優れた寄付企画を選出する「寄付月間2021」の表彰式において、全748のリードパートナー・賛同パートナーの中から選定され、「賛同パートナー賞」を受賞いたしました。

寄付月間とは?

12月の1ヶ月間を「寄付月間(Giving December)」とし、企業・行政・NPO・大学・個人などが一体となって寄付文化を盛り上げていくムーブメントです。

「寄付月間2021」では、全748のリードパートナー・賛同パートナーの中から、寄付月間推進委員会による最終審査と投票を経て「賛同パートナー賞」が選定されました。

代表理事 下里夢美からのメッセージ

この度は、寄付月間2021賛同パートナー賞を受賞させていただきまして、大変光栄に思っております。「おめでとうございます!」と各方面からメッセージをいただくのですが、この賞は、いつもアラジにご支援をお寄せくださる、一人ひとりのサポーターのみなさんのものです。皆さん、おめでとうございます!

この度は、このような賞を頂き本当にありがとうございました。今後も、サポーターの皆さまお一人おひとりと共に活動に励んで参ります。

(投稿)鈴木知世

(2022年3月1日)代表理事の下里夢美が「ランドリーボックス」様に取材・掲載されました。

2022年3月1日

この度、NPO法人アラジ代表理事の下里夢美がケネマ県で実施する男子中高生への性教育プログラム「ハズバンドスクール」事業実施について、生理やカラダに向き合うメディアコマース「ランドリーボックス」様に取材・掲載されました。

ハズバンドスクールを行うにいたった経緯や、今後の展望についてお話しさせていただいております。ぜひご覧ください。

記事はこちら