代表挨拶

 

代 表 挨 拶

ご挨拶

「誰もが夢に向かって努力することのできる社会を目指して」

HPをご覧になってくださっている皆様、はじめまして、特定非営利活動法人Alazi Dream Project代表理事の下里夢美(しもさとゆめみ)です。

私とシエラレオネとの出会いは、高校2年生の時でした。TV番組「世界がもし100人の村だったら」を視聴し、その後の人生がすべて変わってしまうくらいの衝撃を受けたのです。わずか8歳のシエラレオネの男の子「アラジ君」が下の兄弟を養うために、必死でダイヤモンド鉱山で鉄くずを探して生活していました。彼は、シエラレオネ共和国で10年以上続いた内戦により、反政府軍のゲリラに目の前で両親を殺されていました。その日から、「勉強がしたい」と答えた彼のことが、頭から1日も離れなくなりました。

シエラレオネ共和国に強く惹きつけられた私は、「国際協力」の専攻できる桜美林大学に進学しました。ですが、調べれば調べるほど、シエラレオネについて知っている人はおろか、専門に活動する学生団体や民間NGOが日本に存在しないことに気がつきました。

大学卒業後、アルバイト、一人暮らし、100万円以上の借金をし、シエラレオネに渡航し続けました。「シエラレオネの貧困問題を根本から解決したい」と想いあせることなく2017年に、待望のNPO法人化。今後も70歳まで、シエラレオネ共和国に挑戦し続けます。

NPO法人アラジ
代表理事
下里夢美

 

略歴

  • (1991年9月1日)山梨県に生まれる
  • (2009年3月7日)ドキュメンタリー番組「世界がもし100人の村だったら」で、シエラレオネの少年アラジに出会う
  • (2012年3月)バングラデシュNGO・BRACにてマイクロクレジットプロジェクト視察
  • (2013年)特定非営利活動法人「シャプラニール」 インターン
  • (2014年3月)桜美林大学 国際協力専攻卒業
  • (2014年3月7日)創設共同代表・坂井晴香とともに任意団体「夢支援NGOアラジ」創設
  • (2014年9月1日)日本ファンドレイジング協会・准認定ファンドレイザー資格取得
  • (2015年)特定非営利活動法人「WE21ジャパン」有給広報スタッフ
  • (2016年)広報デザイン専門学校 修了
  • (2017年7月7日)特定非営利活動法人Alazi Dream Project設立 代表理事就任
  • (2021年5月)筑波大学 非常勤講師就任

 

各種SNS

 

代表理事の個人アカウントの発信については、ソーシャルメディアポリシーの「当法人スタッフ個人SNSアカウントについて」をご覧ください。