(2021年6月21日)インターン卒業生インタビュー(吉浦涼子さん)

4月にアラジのインターンを卒業した

吉浦さんにインタビューしました!

 

 

自己紹介をお願いします!

2018年から昨年まで、JICA海外協力隊としてベナン共和国で活動していました。現在はJICAの 民間連携事業部にて国内協力員をしています。

 

アラジに応募したきっかけは何ですか?

国際協力に興味がある中で、ファンドレイジングに興味を持ちました。協力隊から帰国後、街頭ファンドレイザーとして活動したのですが、今度はNPOのファンドレイジングに関わってみたいと思い、インターン応募に申請しました!

 

どんな業務に携わりましたか?

3月の事務局インターン時は、ワークショップ担当としてイベントの企画を行いました。4月からは非常勤スタッフとして関わらせていただき、主にボランティアコミュニティの運営やファンドレイジングチームの活動に携わっています

 

活動していて有意義なことは何ですか?

多様なバックグラウンドのボランティアさんと関われることや、少人数で活動しているからこそのスピード感、熱量のある意見のやりとりに、やりがいを感じます。

 

活動を通して学んでいることは何ですか?

方法は必ずしも一つではないということです。いろいろな考えの下、それぞれが今できることを積み上げていくことで、活動が繋がっていくような感覚があります。

そのときのルートは本当に多様で、常に何が最適か模索しながら取り組んでいます!

 

思い描いている今後のキャリアについて教えてください!

特に決まっていません!

国際協力に関する課題は、地域活性化などの課題とも密接に関わっていると感じていて、今後は分野やアクターの垣根を超えて協働していくことが必要になってくると思います。

将来、そのような社会の中で自分らしく社会に貢献できるように、今は経験を積むときだと感じています。

 

吉浦さん、インタビューにお答えいただき、ありがとうございました!

 

インターン生・ボランティアさんを募集しています!!

NPO法人アラジでは、インターン生やボランティアさんを随時募集しています。

東京の事務局または、オンラインのどちらでもご参加可能です!

ご興味のある方は、下記リンクより詳細をご覧ください!

 

ボランティアする