フリータウン孤児・遺児支援

NPO法人アラジは、シエラレオネ共和国の首都フリータウンにおいて、自然災害・不慮の事故・病気、または育児放棄などの理由で、両親を失い孤児・遺児となり、親戚宅へ引き取られた子どもたちに対して、毎月の現金給付による教育費・医療費のサポートを行っています。

毎月の家庭訪問時には、200,000Le(約2,000円)の現金給付を行い、子どもたちの健康状態や成績表、里親との関係をチェックしています。また、毎月の現金給付とは別に毎月500Le(約500円)の貯蓄を行い、子どもたちの進学や、事故・入院や手術を伴う病気の際の緊急時に、里親は「貯蓄引出申請書」をもって貯蓄金を使用できる制度を設けています。

支援は、子どもたちが勉学を行うかぎり続けるものとし、自然災害・不慮の事故などにより両親を失っても、勉強を続け、夢を諦めない、子どもたちの最初のチャンスを作っています。

※本プロジェクト紹介の際に、WEBページや活動報告書等で利用する情報・写真は、子どもに許可を取って掲載しております。また子どもの個人情報保護のため、子どもの名前は仮名を使用しております。

2017年8月、首都フリータウン・リージェント通りで、雨季による大雨のため土砂災害が発生し、被害は死者600名、行方不明者500名以上に上りました。この災害により孤児となった16名に対して、2018年1月より、サポートを行っています。

右写真の一番右に写るのは、メアリー(仮名・災害当時13歳)、土砂災害により、18人家族を失いました。災害当時は、左に写る祖母の家に、1歳の妹とともに滞在していたため2人は災害をまぬがれました。NPO法人アラジの支援で学校へ再び戻ることができ、高校進学のための試験を受けることができました。メアリーの夢は、銀行職員になること。お世話になっているおばあちゃんと小さな妹を守るため、彼女は必至で勉強しています。

2018年1月

孤児宅の家庭訪問と里親への聞き取り調査、毎月の現金給付の支援がはじまりました!

2018年5月

里親と孤児、現地スタッフが、日本スタッフの私たちへ感謝のサプライズパーティを開催してくれました!

2020年4月

コロナウイルス感染拡大を受け、繰りかえし洗って使える布マスクの配布を、全孤児里親宅へ行いました。

フリータウン遺児・孤児支援のページをご覧になっている皆様、誠にありがとうございます。

NPO法人アラジ代表理事の下里夢美です。

はじめてシエラレオネに渡航した2016年5月、観光名所コットンツリーの前に立ち並ぶ、足を失った車いすの人、ガリガリに痩せた赤ちゃんを抱えて物乞いをするお母さん、物凄い力で腕を引っ張ってくるストリートチルドレンに圧倒され、何もできず、私は怖気ついていました。

しかし、200名以上の日本のサポーターさんに支えられている今なら、コットンツリーの前に立ち並ぶ物乞いの、あの姿を、私たちは、一掃できる。

予期せぬ事故や病気で、学校に通い続けられなくなってしまい、児童労働に従事している子どもたちが、貧困によって親から手放されない、最初のセーフティーネットに、私たちはなれる。今ではそう信じています。

もっと多くの貧困家庭にこの支援を届けるために、あなたも顔の見えるサポートをはじめませんか?

代表理事 下里夢美

 

里親サポーターについて

1名の子ども(遺児・孤児)の勉強・医療を支える支援制度です。毎月3,000円の定額寄付で、子どもが勉学を終了するまでサポートしていただきます。毎月、子どもの写真とレポートをお送りしています!

 

月3,000 円のご支援で1名の子どもの里親サポーターとなっていただきます。

  • 支援対象の孤児が決定後、月に一度子どものお写真をお送りいたします。
  • 半年に一度、子どもからお手紙がご自宅へ届きます。
  • 月に一度、NPO法人アラジのメールマガジンをお届けします。
  • 年に1度、シエラレオネのお土産をプレゼントさせていただきます。

お申込み方法

  1. 下記ボタン「里親サポーター申込みフォーム」より、必要事項をご記入ください。
  2. 下記ボタン「里親サポーター月額寄付登録」より、「里親サポーター(月3,000円)」を選択し、月額寄付のご登録をお願いします。
  3. 案内メッセージで、現在支援を募集している子どもたちの情報を写真付きでご案内させていただきますので、サポートを希望する子どもを一人お選びください。

月額3,000円の内訳について

  • 2,000円-子どもたちの教育・医療支援金として役立てられます
  • 500円-子どもたちの進学、事故や入院・手術などの緊急時に対処するための貯蓄金になります。(里親は、毎月の貯蓄金を緊急時に、引出申請書をもって使用することが可能です)
  • 500円-送金手数料、現地スタッフへの手当等の運営費に役立てられます

ご支援の際の注意

里親サポーター注意事項について

  • 里親サポーターは常に募集しており、支援する子どもは、里親サポーター申込フォームを提出していただいた方にのみ、個人情報保護のため3名のみ公開させていただきます。3名以上の中から選ぶことはできません。
  • 毎月の活動レポートは、毎月第3週頃に、前月の家庭訪問時の子どもの様子をご報告しております。
  • サポートする子どもを途中で変更することはできません。予めご了承ください。
  • 子どもの支援は、原則子どもが勉学を続ける限りのものとし、進学せず就職する場合は支援を終了いたします。
  • NPO法人アラジと現地里親宅は半年ごとに支援契約を更新しており、学校へ通わせること、児童労働をさせないこと、FGM(女子割礼)をさせないこと、病気の場合は必ず医療機関を受診させることを約束しております。現地里親との関係によっては、支援をストップし、連携する孤児院へリターンさせる場合もありますので、予めご了承ください。
  • 現地里親の収入状況によっては、支援をストップする場合もありますので、予めご了承ください。
  • 毎月の貯蓄金(ご支援3,000円のうち約500円)は、NPO法人アラジが管理し、現地里親が進学や、事故・病気などの緊急時に引出申請書をもって、使用することができます。また、支援終了の際には、全額子ども自身へ支給します。
  • サポートを途中で停止することは可能でございます。運営までお問合せください。
  • 里親サポーターが自身のSNSなどに、子どもの写真や、子どもの個人情報、ストーリーを公開することはできません。
  • 里親宅の大人、または支援する子どもから、SNSの友達申請が来た場合、承認せず、すぐにNPO法人アラジ事務局スタッフまでご連絡ください。

里親サポーターと子どもの半年ごとのお手紙のやりとりに関して

※シエラレオネから送られてくる子どもからのお手紙のお返事(返送)は、強制ではありません。希望する方は、事務局から案内がある場合に以下に準拠し、ご返送ください。

  • お手紙の送り方について:お手紙を書く際には、ポストカード(はがきサイズ程度のメッセージカード)をご用意いただき、簡単な英語でお書きください。ポストカードを封筒に入れ、事務局にお送りください。封筒の送料はご負担ください。
  • お手紙の内容について:里親サポーターと現地里親宅の里親・子どもとは、連絡先情報をお互いに開示することはできませんので、住所や連絡先、SNS情報等の一切を記載しないでください。文章はスタッフが目を通し、個人的な追加のサポートを示唆する内容、特定の政治政策・宗教の勧誘を示唆する内容、人種・性差別的な内容などがないかどうかの確認をさせていただきます。
  • 同じ地域に住んでいる子どもたち同士で交流がある場合があります。サポートを平等に行うため、里親サポーターが子どもたちに、個人的なプレゼントをお送りすることはできません。
  • 里親サポーターと子どもとの半年ごとのお手紙のやりとりは、COVID-19感染症に伴う国家間の措置によっては計画通りに実施できない場合がありますので、予めご了承ください。
  • 月3,000円のマンスリーサポートがクレジットカード有効期限切れなどなんらかの理由でストップしている場合には、毎月のレポート、子どもから預かっているお手紙などをお送りする等の活動報告はできません。また、停止期間中のすべてのご支援を納金していただいてから、活動報告を再開いたします。
  • サポートを終了・停止した子どもの活動報告、お手紙をお送りすることはできません。

子どもとの面談について

  • 実際に現地シエラレオネを訪れ支援する子どもと面会することは可能ですが、当会の定める「チャイルドセーフガーディング誓約書」への同意が必要となります。
  • 日本人スタッフ・日本人ボランティア・日本人サポーターの全員が、地域から子どもを守る安全性を考え、子どもの家庭へ訪問することはできません。

 

 

大変お手数ではありますが、下記口座へお振込みをお願いいたします。

ご寄付がすみましたら…

  1. お名前
  2. ご住所

を明記の上、「件名:孤児支援寄付」にて「info@alazi.org」までご連絡ください。

※領収証が必要な場合はお気軽にお申しつけください。

クレジットカードでのご支援の場合は、下記ボタン「クレジットカードで寄付する」よりお手続きをお願いいたします。

クレジットカード決済の流れ

  1. 下記の「クレジットカードで寄付する」をクリックしてください。
  2. メールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」をチェックして「送信」ボタンを押してください。
  3. 入力したメールアドレス宛に本登録URLが届きます
  4. 「今回のみ寄付」を選択し、クレジットカードにて登録をお願いいたします。

ご寄付がすみましたら、お名前をご明記の上、「件名:災害孤児支援寄付」にて「info@alazi.org」までご連絡ください。

 

2019年夏からNPO法人アラジのマンスリー里親サポーターをさせてもらっています。大学生の時に、『世界で一番いのちの短い国』という本に出会ってから、シエラレオネという国の名前は、頭の片隅にありました。 その時は、何もできないと思っていた私が、今、その国の子どもたちの教育を、そして、大人たちの仕事を応援できることに、感動しています。

私は、シエラレオネはもちろん、アフリカには行ったことがありません。でも、出来ることはあるということが分かりました。 今はまだ「世界で一番いのちの短い国」の一つのシエラレオネですが、何年か後に、「世界で一番夢に溢れ…夢が叶う国…」になっていたら素敵だな、と思います。 これから、より多くの皆さんと、その喜びを分かち合っていけたら嬉しいです。ぜひ、一緒にアラジの応援団になりましょう!!

里親サポーター
吉成優子