災害孤児支援活動レポート#4 支倉はじめての訪問と契約更新

今回は、2018年4月~6月の活動報告です。
6月は、支倉がはじめて訪問に同行させていただきましたので、その時の様子を中心にレポートいたします。

前回の活動報告:災害孤児支援活動レポート#3 2018年2・3月

 

災害孤児支援活動レポート#4 支倉はじめての訪問と契約更新

2017年8月に災害が発生し、2018年1月から始めた本活動も半年を迎えました。
活動開始時、5月までの契約としていたので、今回は、契約の更新もあわせて行いました。

全員のヒアリングと契約更新

支援している10名およびその里親と話をしました。
結果としては、全員毎日学校に通うことができ、ランチも食べることができているとのことでした。
支援している孤児たちは、災害発生直後「ドンボスコ」という孤児院に入っていて、その後里親に引き取られていったのですが、今もドンボスコと連絡をとっているようでした。

健康状態も、何かあったら病院に行くことができており、問題ないようでしたが、まだ災害時のケガの痛みがあるという子もいました。
また、支援金については、学費・制服・本などや病院代、薬代など、きちんと子供のために使ってくれていました。

ヒアリングを終え、結果としては、全員について2018年12月までという内容で契約更新を行いました。

ちなみに現在は、1人あたり約3000円という同額を支援しているのですが、里親の収入額、学年、通っている学校が公立なのか私立なのか(地域に公立学校がなく私立しか選択肢がない場合があります)などによって、子供にかかっているお金が違うため、同額支援が公平ではないような気がしてきました。次回更新までの課題とし、今後のルール作りをしていきます。

2つのサプライズ

私が訪問するということで、2つのサプライズを用意してくれていました。

1つは、支援している孤児の1人であるYealie が手が手紙を読んでくれました。

もう1つは、同じ地域の孤児と里親たちが集まって歓迎会を開いてくれました。

今回は、私だけ大歓迎されてしまいましたが、実際に支援の現場に同行させていただき、多大なる協力をいただけていることがあらためて分かりまっした。
現地バートナー FC King Kongの皆さんに改めて感謝の意を表したいと思います。

 

ご支援のお願い

あなたも里親サポーターになりませんか?

月5,000円を継続的に
ご支援していただける方を
募集しております。

里親サポーターについて

子どもたちの成長を
月に一度の写真で見守ることができます
  • 月5,000 円のご支援で1名の孤児の里親となっていただきます。
  • 支援対象の孤児が決定後、月に一度スタッフより孤児のお写真をお送りいたします。
  • 半年に一度、孤児からお手紙がご自宅へ届きます。
  • 月に一度、NPO法人アラジのメールマガジンをお届けします。
  • 年に1度、シエラレオネのお土産をプレゼントさせていただきます。

▶お申込み方法

  1. 災害孤児支援申し込みフォームにて必要事項をご記入ください。
  2. その後、登録のご案内メッセージをメールにてお送りいたします。
  3. マンスリーサポーター決済画面にて、5,000円の枠を選択し、クレジットカードにて月額決済のご登録をお願いいたします。
ご支援申し込みフォームはこちら

▶支援金の内訳について

月額:5,000円

3,000円ー孤児への教育支援金として役立てられます
2,000円ー送金手数料、現地活動費(電話代・ガソリン代)現地スタッフへの手当等の運営費に役立てられます。

 

継続的にご支援していただける方を募集しております。どうぞよろしくお願いいたします。

(文責)支倉常明

シエラレオネ災害復興支援チーム

代表理事長:下里 夢美
  理 事:鈴木香緒理
  理 事:支倉 常明

157 total views, 0 views today