ポートロコ小学校教材支援

ポートロコ小学校支援

2017年5月よりシエラレオネのポートロコ村において、現地NGO/HELP Children for Tomorrowと協働し、2つの小学校の教材支援を行っています。

私たちの活動目標

私たちが支援する2件の小学校は森の奥深くにあり、政府の登録が行き届かず、国際支援からも取り残されています。

私たちの目標は、政府承認小学校登録までのサポートです。

  1. 政府から教科書がきちんと支給されること
  2. 政府から給食がきちんと支給されること
  3. 政府からきちんと先生へお給料が支払われること

これらの達成を、現地NGO/HELP Children for Tomorrowとともに目指します。

 

ポートロコ村とは?

ポートロコ村は、首都フリータウンから車で2時間半ほどに位置しています。政府の電気とガスの供給はなく、大きな病院もありません。

この村に2万人が住み、6割の人々が定職についていません。

初等教育の普及による優秀な人材の輩出は、シエラレオネ共和国の経済発展に大きく貢献すると考え、目標達成までの政府への呼びかけと、今一番必要な教材の支援を続けます。

カマロ小学校

KAMALO PROTEN SCHOOL

KAMALO PROTEN SCHOOLは、ポートロコ村の中心地にあり、現在JICAの支援によって校舎立て直しが完了していますが、JICAの支援は建物のみで、現在も教材や人件費の捻出できない状態が続いています。

支援当初の児童数は500名でしたが、現在は約600名。年々子どもの数が増えてはいるものの、先生の数や教材不足などの課題を抱えています。

【教員】10名
【児童】約600名

2017年11月の教材支援

ノート・チョーク等約500名分

2018年1月の教材支援

教科書(英語)上級クラス分、ノート、チョーク、マーカー、ペンなど約600名分

ンボロ小学校

ROGBORO COMINITY PRIMARY SCHOOL

ンボロ小学校は首都とポートロコ村の中間地点の森の中心地に位置します。水道や電気などのインフラは未整備で、2016年のエボラ出血熱の流行時には、村人の大半がエボラ出血熱で亡くなりました。

2010年に設立されましたが、2015年5月中旬に雨季のため校舎が全壊し、仮校舎のオーナーから撤退を要求されるなどの課題を抱えています。

【教員】2名
【児童】約100名

2018年5月の支援

ノート、チョーク、ペンなど約100名分

現地パートナー団体紹介

現地NGO/HELP Children for Tomorrowは、ポートロコ村で立ち上がった若者たちの有志で、2016 年に政府からNGOとして承認されました。

村の中心部でシェアオフィスを構え、精力的に活動していまうす。

未承認小学校に対する政府への承認交渉と、物資支援を続けています。

  • ディレクター:Abdukraman Kamara
  • プロジェクトマネージャー:Lamin Kemoh Sesay

あなたにできること

月額サポーターを募集しています

継続して小学校への教材支援を行っていくため、マンスリーサポーターを募集しております。

月500円/年6,000円のご支援で、シエラレオネ・ポートロコ村の小学校生700人が学ぶためのノート700冊が購入できます。

皆様の温かいご支援、どうぞよろしくお願いいたします。