Posts Tagged "アフリカ"

(2023年12月15日)12月9日・10日にクリスマスフェス2023へ出展しました!

2023年12月15日

12月9日・10日に浜松町にて、CHEERSさん主催のクリスマスフェス2023へブース出展させていただきました!

アラジのクリスマスオーナメント作りワークショップは大盛況で、たくさんの子どもたちが夢中になってアフリカ布をペタペタ貼っていました♪

少しでも多くのみなさんにシエラレオネのことやアフリカ布の魅力を知ってもらえていたら嬉しいです。

来年も色々な場所でブース出展いたしますので楽しみにしていてください!

(投稿)スタッフ 北川

(2023年11月27日)11/23(木祝)に理事会を開催しました!

2023年11月27日

11月23日(木祝)にオフィスLIT.にて、アラジの定期理事会を対面で開催いたしました。当日はシニアアドバイザー3名を含む、理事やスタッフ、インターン生も交えて総勢14名で、報告6件・議案3件・キャッシュフロー表や運転資金倍率をみながらの経営に関する審議等をおこないました。

アラジの現在の状況を数字などで見つめ直し、皆さまから客観的な意見をいただくことで、今後取り組むべき課題や目標が明確になりました。

また、今後は理事会を月に1回定期的に開催し、理事会にて経営に関する意思決定をおこなっていきます。

これからもシエラレオネの子どもたちが少しでも多く教育の機会を得られるよう、チーム一丸となって全力を尽くしてまいります。

今後ともNPO法人アラジへのご支援・ご協力よろしくお願いいたします。

(投稿)スタッフ 北川野々子

(2023年11月20日)事務局に今期4人目となる新しいインターン生が加わりました!

2023年11月20日

事務局に今期4人目となる新しいインターン生が加わりました!

 

11月20日(月)より、事務局インターンとして新たに1名参加することになりました。

インターン生:渡邉 莉恵 (わたなべ りえ)

小学生のころ、父の転勤について行ったインドで、初めて世界の貧困の実情を知りました。それまで何不自由ない生活を送っていた私にとって、ドライバーさんが運転する車の窓から見るデリーの光景は、格差をはっきりと認識するきっかけとなりました。

その頃の経験がきっかけで、「自分の経験を世界の誰かのために」という漠然とした目標を持ち、まずは社会問題を多角的に把握するために大学では社会学を専攻しました。しかし、知れば知るほどに社会問題の複雑さに直面し、自分にできることは何があるのか悩みました。

そんな時、アラジの活動を知り、インターンとして携わることで少しでも自分のやりたいことのイメージを明確にしたいと思いました。将来のキャリアプランを考えながら、幅広い業務に積極的にチャレンジしていきたいです!貴重な経験をさせていただけること、とても感謝しております。3ヶ月間よろしくお願いいたします。

(投稿)渡邉 莉恵

(2023年11月20日)事務局に今期3人目となる新しいインターン生が加わりました!

2023年11月20日

事務局に今期3人目となる新しいインターン生が加わりました!

11月20日(月)より、事務局インターンとして新たに1名参加することになりました。

インターン生:原田 夏希(はらだなつき)

幼少期をアフリカで過ごしたことをきっかけに、貧困社会とは裏腹に都市部の成長に可能性を感じました。それ以降、漠然と国際協力に関心を抱いてきました。大学では開発経済学を専攻していますが、国際協力を学ぶだけではなく、実際に自ら支援に携わり、慢性的な貧困社会の解消に努めたいと感じました。インターンを通して少しでもシエラレオネの人々の力になれるよう、尽力します。よろしくお願いいたします!

(投稿)原田 夏希

(2023年11月6日)事務局に今期2人目となる新しいインターン生が加わりました!

2023年11月6日

事務局に今期2人目となる新しいインターン生が加わりました!

11月6日(月)より、事務局インターンとして新たに1名参加することになりました。

インターン生:畑 駿哉(はたしゅんや)

私は、子どものころから漠然と国際協力に興味を持っていましたが、実際に一歩を踏み出すことが出来ずにいました。そんななか、大学に進学し、国際協力や社会学に関係する講義を受講し、現在の国際社会の構造や状況について学び、世の中には根本的な構造的な格差が存在することを知りました。そのような理不尽な格差を少しでも解消するため、今後、実際に国際協力に携わっていきたいと考えていました。その中で、「誰もが夢に向かって努力できる社会の実現」を目標としているアラジがインターンを募集していることを知り、とても共感できることが多くあったため、是非一緒に活動させていただきたいと考えました。

経験が浅く、未熟な部分も多くあると思いますが、積極的に動き、精一杯頑張っていきたいと思います!よろしくお願いします!

(投稿)畑 駿哉

(2023年10月20日)4年ぶり実施のクラウドファンディングのご報告

2023年10月20日

9月19日(火)より、4年ぶりに実施しておりました「100人の10代ママ達の復学をサポートしよう!西アフリカ・シエラレオネで妊娠・出産した10代の女の子を学校に戻すプロジェクト!」の300万円を募集するクラウドファンディングが、10月19日(木)をもって終了いたしました。

一ヶ月の挑戦で、72名の方から総額70万5000円のご支援をいただきました。

目標の300万円を達成することはできませんでしたが、多くの方が応援メッセージを発信してくださったり、シェアをしてくださったおかげで、温かい想いが集まり、多くの方がアラジの取り組みに賛同してくださいました。

皆様からいただいた大切なご支援をもちまして、これからもシエラレオネの困難な状況でも勉強を諦めない子どもたちに、サポートを届けてまいります。

シエラレオネの10代のシングルマザーの100名復学達成や、性教育プログラムの実施拡大などを行い、世界最貧国シエラレオネにおける教育格差の是正を解決するロールモデルを構築します。

この度、応援・ご支援いただいた皆様に、スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

クラウドファンディングは終了いたしましたが、これからもサポートを届けていくために、引き続きマンスリーサポーターを【600名】募集しております。

アラジの目指す社会にご共感していただける方は、下記のURLより、ご登録をお願いいたします。

https://alazi.org/monthly/index.html

                                (投稿)スタッフ 金澤伶

(2023年10月19日)【インターン募集】3か月間のインターンシッププログラム 参加者募集中!

2023年10月19日

2014年に創設された NPO法人アラジ は、西アフリカのシエラレオネ共和国において、シングルマザーへの奨学金制度や男子生徒への性教育プログラム(ハズバンドスクール)といった、教育支援を行っている団体です。

NPO法人アラジでは、インターンシッププログラムとして、毎週2日間で、約3か月間、国際協力やファンドレイジングについて学びながら、活動を通し社会に役立つスキルを習得していくインターンプログラムを実施しています。

今回の募集では、11月初旬~1月末まで参加可能な、2名のインターン生を募集します。11月1日(水)を応募締め切りとさせていただきます。

時期、時間、日数、期間、関わりたい事業等、相談が可能です。

今回は、事務局もオンラインでも勤務可能という形態で募集しています。

インターンとして仲間入りする前には、オンラインテレビ通話アプリZoomを用いて、面談させていただきます。

詳しくは、インターン生募集要項ページをご覧いただき、その後にインターン登録フォームのご提出をお待ちしております。

(当インターン申請フォームは必ずインターンに参加する際に使用予定のパソコンからご入力ください。)

(投稿)スタッフ 金澤伶

(2023年10月16日)10/19(木)19:30~開催【事業説明会】電子マネー送金で世界最貧国シエラレオネ共和国の10代シングルマザーに未来を届ける 

2023年10月16日

私たちは、多くの皆さまに支えられ、これまでに延べ2,004名の西アフリカ・シエラレオネの最貧困家庭の人々へ教育の機会を提供してまいりました。

イベント当日は、NPO法人アラジが力をいれている電子マネーを活用した10代シングルマザーの復学支援男子中高生への性教育プログラムについて、代表理事下里と現地業務を担うスタッフがお話します。

さらに、アラジが現在挑戦中のクラウドファンディングについて、集まった資金がどのように使われるのか、また、今後アラジの活動はどのように大きくなっていくのかについても詳しくご説明します。

お話しする内容

  • シエラレオネの若年妊娠の現状とは
  • アラジの電子マネー送金を活用した10代シングルマザー復学支援の事業概要
  • 男子中高生向け性教育プログラムの概要
  • 上記事業実施におけるステークホルダーとの関係性のつくり方や事業評価


無料開催ですので、この機会にお時間ある方はぜひご参加ください。

もちろん初めての方も大歓迎です!どなた様もお気軽にご参加ください。

こんな方にオススメ

✓自分の支援がどのような事業に使われているか知りたい!
✓国際協力やNGOの活動に興味がある!
✓シエラレオネの現状について学びたい!
✓NGO職員やインターンの方
✓アラジの寄付者の方

日時

2023年10月19日(木)19:30-20:30
※オンライン(zoom)で開催します。
※団体の活動報告の間のみ録画させていただきます。参加者の声や顔が映らないように配慮して活用させていただくことがあるので、事前にご了承ください
※動画の撮影やイベント後の動画配信はマンスリーサポーターと正会員に限定して配信いたします。

参加方法

チケットをご予約(無料)していただいた方にメッセージでZoomオンラインミーティングのURLをお送りいたします。


イベントスケジュール

19:25-    入室可能
19:30-19:35 イベントのスケジュールや参加の際のご注意の共有
19:35-20:10 最新活動報告会
20:10-20:25 質疑応答タイム 
20:25-20:30 アナウンス

●主催:NPO法人アラジ
公式HP
公式Twitter
公式Facebook
公式Instagram

代表理事・下里夢美
note
Twitter

お申込みはこちらから

(2023年10月13日)10月7~8日にアラジ合宿を行いました!

2023年10月13日

10月7~8日にアラジのスタッフ・理事・ボランティアさんを交え都内にて合宿を行いました。

アラジはPanasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGsの組織基盤強化助成先に選んでいただいており、その一環として合宿とコンサルタントさんによる研修を受けさせていただいています。

合宿1日目は、国際交流NGOピースボートさまの事務所に訪問し、ボランティアさんをどのように巻き込んで活動していくかなど主にボランティアさんのマネジメントについて勉強させていただきました。

夜は、クラウドファンディングのSNSシェアキャンペーンを行ったり、西アフリカ料理のジョロフライスを作って食べたりと、わいわいと1日目を終えました。

!クラウドファンディング実施中!(10/19まで!!)

2日目は、アラジのコンサルタント石井大輔さんによる研修からスタートし、アラジに関わる人との関係性を再構築したり、より拡大していくための施策について考えました。

そして午後は、アラジの組織化について参加者で議論し、今後事業を拡大していくための組織体制の強化における課題を洗い出すとともにその改善策を話し合いました。

今回の合宿はアラジ初の試みでしたが、2日間を通して様々な方にご協力いただき、アラジの事業や体制を見つめ直す良いきっかけとなりました。

今後もシエラレオネの子どもたちが夢に向かって努力できる社会のために最善を尽くし、より多くの人に応援してもらえるよう日々励んでまいります!

(投稿)スタッフ 北川

(2023年9月25日)インターン卒業生インタビュー(豊島萌永さん)

2023年9月25日

9月にアラジのインターンを卒業した、豊島萌永さんにインタビューしました!

自己紹介をお願いします!

筑波大学1年生の豊島萌永です。大学では農業分野について学んでいます。将来的には環境問題と食料問題の同時解決をすることによって、特に農村部における貧困問題の根本的解決に貢献したいと考えています。2023年7月からの約3か月間、インターン生としてアラジの活動に携わらせていただきました。

アラジに応募したきっかけは何ですか?

私は、極低出生体重児として生死をさまよったものの、日本という豊かな社会に救われる経験をしました。その一方で、世界には生まれた環境が違うだけで助からない命が多いことや、将来の選択肢が限られてしまっている現状があることを知りました。そんな社会をどうにかして変えたいという想いから、国際協力に携わりたいと考えるようになりました。このような想いをどのような形で実現すればよいのか悩んでいた高校2年生のときに、代表下里の講演を聞いたのがきっかけです。その際に、「努力できることはラッキーなこと」という言葉やアラジのビジョンである「誰もが夢に向かって努力できる社会を」という言葉にとても共感しました。そこで、大学生になったらアラジで一緒に明るい未来を創っていく仲間として活動したいと思い、大学生活に慣れてきた7月に応募しました。

どんな業務に携わりましたか?

オンラインと事務局の両方で様々な業務に携わらせていただきました。SNS投稿やホームページ記事の作成などの広報活動や、若年妊娠による教育格差を是正するための性教育プログラムの教科書の改訂、さらにはボランティアDayではボランティアの皆さんと一緒にリターン品やピアスの作成も行いました。

インターンを通して学んだことは何ですか?

インターンを通じての一番の学びは、初めはたった一人での挑戦だったとしても、熱意と覚悟を持って行動し続けることで、多くの人から応援されるようになり、世界を変えていくことができるということです。そして、世界を変えるために最も必要なことは、並外れたプレゼン力や経営力でもなく、「感謝」と「思いやり」なのではないかと感じました。下里さんのすぐそばでインターン生として業務に関わるなかで、ボランティアさんや寄付者の皆さんへの対応の丁寧さが、今のアラジを作っているというのを肌で感じました。インターンを始めた当初は、想像以上に事務作業が多く、テレビで取り上げるような現場で直接支援者と関わる様子とギャップがあり、モチベーションが下がってしまったこともありました。しかし、3か月間続けるなかで、一つ一つの事務作業を一切手を抜かずに行うことが、アラジを支援してくださっている皆さんとの信頼関係を構築することに繋がっていることが分かり、積極的に取り組めるようになりました。PCスキルの面でも、まだまだ至らない点は多くありましたが、一つ一つ丁寧に教えてくださり、今の自分に何が足りていないのかを認識することができ、次に繋げることができる良い機会となりました。3か月間、これら以外にも多くのことを学ばせていただきました。本当にありがとうございました!

今後思い描いているキャリアを教えてください!

まだまだキャリアは模索中ではありますが、大学2年の夏までに、実際にアフリカ地域へ渡航し、現場を自分の目で確かめてから、本当に必要な支援は何か、自分はどの分野から国際協力に携わっていきたいのかというのをもう一度考えたいと思っています。また、大学一年の夏休みという早い段階でインターンを経験させていただいたことで、英語力やPCスキルなど、社会人になるうえで土台となるスキルが不十分であることを痛感させられました。このため、大学での勉強と平行してそれらのスキル向上に努めたいと考えています。周囲への感謝を忘れずに、これからも失敗を恐れず、様々なことに挑戦していきたいです!最後になりましたが、本当に3か月間、貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!

NPO法人アラジでは、ボランティアさんを随時募集しています。
また、新宿事務局または、オンラインでのインターン生も随時募集しています!ご興味のある方は、下記リンクより詳細をご覧ください!

ボランティアをお考えの方はこちら

インターンをお考えの方はこちら

(投稿)元インターン 豊島萌永